• TOBA MIKA

    OFFICIAL

    SITE

    She has brought in “Katazome”, one of the very traditional dyeing methods in Japan, to the world of painting, and has created new contemporary art.

    Profile
  • TOBA MIKA

    OFFICIAL

    SITE

    She has brought in “Katazome”, one of the very traditional dyeing methods in Japan, to the world of painting, and has created new contemporary art.

    Profile

(お知らせ) パレスホテル東京ロビー恒久展示

2017年9月23日、『晨ー瀧桜より』から新作『兆し』を展示替え ※ 今後は秋冬は『兆し』春夏は『瀧桜』

(お知らせ) 建仁寺襖絵特別公開

2014年秋に完成した建仁寺小書院襖絵『凪』『舟出』の十六面が現在常設展示されています。

TOBA MIKA Profile

鳥羽美花(とば・みか) 染色画家
京都市立芸術大学大学院修了。
日本独自の染色技法である「型染め」を駆使し、新たな染色絵画の世界を切り開いた。1994年に初めてベトナムを訪問して以来、経済発展と共に失われてゆくベトナムの光景を描いた一連の大作を制作し、ベトナム政府より「文化功労賞」を授与される。国内では「都市文化奨励賞」「京都市芸術新人賞」など19の賞を受賞した他、これまでの文化活動が日越友好関係増進に寄与したとして外務大臣表彰を受賞。

<日越文化交流を中心とした主な展覧会>
2001年 ベトナムの風景を描いた作品を一堂に集め、ハノイで個展を開催。
2003年 日越外交関係30周年記念「鳥羽美花作品展」(ベトナム国立美術博物館、ホーチミン市美術館)
2005年 「古都に奏でる悠久の心―フエ」展(世界遺産フエの王宮「大和殿」)
2010年 平城遷都1300年・ハノイ建都1000年記念「型染めで紡ぐ悠久の都―奈良・ハノイ」展(薬師寺、ハノイ文廟、ベトナム国立美術博物館)
2013年 日越外交関係40周年記念「残された風景」展(ホーチミン市美術館)
2014年 建仁寺栄西禅師800年大遠諱記念事業展(小書院襖絵16面を奉納)。今後、さらに大書院36面の襖絵を制作予定。
2017年 第29回APECサミット開催記念鳥羽美花展(ダナン市チャム彫刻博物館)(10/20-11/12)

MOVIE COLLECTION 経歴・受賞歴 など

Featured Works

Photo Gallery

KATAZOME 型染めとは

  型染めのプロセス 作品を支える職人の技



Site Link